「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」和泉市久保惣記念美術館

「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」和泉市久保惣記念美術館

名称:「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」和泉市久保惣記念美術館
会期:2024年4月21日(日)〜6月16日(日) 
会場:和泉市久保惣記念美術館
観覧料金:一般600円
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)、4月30日、5月7日
住所:〒594-1156大阪府和泉市内田町3-6-12
TEL:0725-54-0001
URL:和泉市久保惣記念美術館

「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」和泉市久保惣記念美術館
「源氏・応挙・若冲 ―近世絵画と久保惣の名品―」和泉市久保惣記念美術館

本展では、和泉市久保惣記念美術館のコレクションの中から桃山時代から江戸時代に制作された近世絵画を取り上げ、同館を代表する国宝2点をはじめとする名品とともに陳列づる。近世絵画は、特徴的な表現方法を有する作品に着目し、第一に桃山時代の土佐派を代表する絵師土佐光吉が絵を描いた重要文化財「源氏物語手鑑」(全80枚中、前後期で8枚ずつ計16枚)の伝統的なやまと絵の絵画表現、第二に江戸時代中期の京で活躍した円山応挙の写生的な画風、第三に応挙と同時期に同じ京で腕を揮った伊藤若冲の拓版技法によるモノクロームの表現、という三つの切り口で紹介する。とくに円山応挙は、昨年度に新規購入した「老松鸚哥図」を初出陳する。
※会期中展示替えあり

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る