「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館

「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館

名称:「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
会期:2024年4月20日(土)〜2024年6月2日(日)
会場:瀬戸市美術館
開館時間:9:00 〜 17:00
   初日は10:00開館
休館日:5月14日は休館
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下・65歳以上 無料
住所:〒489-0884愛知県瀬戸市西茨町113-3瀬戸市文化センター内
TEL:0561-84-1093
URL:瀬戸市美術館

「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館

千年余に及ぶ瀬戸焼の歴史の中でも稀代の名工と謳われる春岱(しゅんたい)は仁兵衛家十代目として生まれました。この仁兵衛家は、初代尾張藩主義直により美濃から瀬戸へ召還され、代々尾張藩の御用を務める御窯屋の家系で、春岱も家督を継ぐと瀬戸赤津の御窯屋として数々の名品を生み出していきました。御窯屋職を退いた後は、尾張藩家老の竹腰正富に招聘され美濃国今尾(現:海津市平田町今尾)に窯を築き陶器生産を行った他、名古屋の川名焼にも携わったと言われており、明治十年(1877)に没するまで製作を続けました。
春岱の作と伝わる作品は、織部・黄瀬戸・志野・御深井などの釉薬や、染付・三島などの技法を駆使した作品に加え、萩・高取などの写しの作品まで多様であり、器種も茶碗・水指などの茶器から、鉢・向付・皿など多種にわたり、これが稀代の名工と称される所以となっています。
春岱の展覧会は昭和38年(1963)に開催された以降開催されておらず、本展は約60年ぶりの開催となります。本展では、春岱が作り出した様々な作品を一堂に展示するとともに、御窯屋文書からも春岱の実像に迫るものです。完成度が高い作品群をご覧いただくことで、春岱の御窯屋としての高い技術力や、当時新たに生産が始まった染付磁器に引けを取らない瀬戸の伝統的やきものである陶器の神髄に触れていただけたらと考えています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る