菅原道真公1125年 太宰府天満宮式年大祭記念「神戸智行―千年を描く―」岐阜県美術館

神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一

名称:菅原道真公1125年 太宰府天満宮式年大祭記念「神戸智行―千年を描く―」岐阜県美術館
会期:2024年7月6日(土)~2024年9月8日(日)
会場:岐阜県美術館
展示室:展示室 2
時間:10:00~18:00
   ※2024年8月1日(木)は11:00開館
   ※夜間開館2024年7月19日(金)8月16日(金)20:00まで
   ※展示室の入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝・休日の場合は翌平日) 7月23日(火)
観覧料:一般 800円(700円)
   大学生 600円(500円)
   高校生以下 無料
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
住所:〒500-8368岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
TEL:058-271-1313
URL:岐阜県美術館

神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一

太宰府天満宮は、学問・文化芸術の神として知られる菅原道真公(天神さま)の御墓所の上に創建され、天神信仰の聖地として、また全国12000社の天満宮の総本宮として歴史を重ねてきました。
2027年令和9年には道真公が天神さまとして祀られて1125年を迎えます。この節目となる式年大祭に向けて同宮では、2023年令和5年から御本殿の大改修をはじめ、文化財の調査、境内の整備等を進めています。
このたび岐阜市出身の日本画家・神戸智行(かんべともゆき 1975年生まれ)により太宰府天満宮に24面の襖絵が奉納されるのを機に、本襖絵の原画および太宰府天満宮コレクションに岐阜県美術館の所蔵品をあわせて紹介する特別展を開催します。森羅万象、四季の自然を見つめ描き出された神戸作品の世界をお楽しみください。

神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《一瞬の永遠》左隻 2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《一瞬の永遠》左隻 2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《一瞬の永遠》右隻 2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《一瞬の永遠》右隻 2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《陽のあたる場所》(部分)2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《陽のあたる場所》(部分)2011年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《いつもの時間》 2009年 岐阜県美術館蔵
神戸智行《いつもの時間》 2009年 岐阜県美術館蔵
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一
神戸智行《千年後の未来》(部分)2023年 太宰府天満宮蔵 撮影:山﨑信一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る