「久保修 紙のジャポニスム ~切り絵 線のかたち~」奥田元宋・小由女美術館

「久保修 紙のジャポニスム ~切り絵 線のかたち~」奥田元宋・小由女美術館

名称:「久保修 紙のジャポニスム ~切り絵 線のかたち~」奥田元宋・小由女美術館
会期:2024年07月04日~2024年08月27日
会場:奥田元宋・小由女美術館
開館時間:9:30〜17:00(7月21日・8月20日は開館時間を21:00まで延長)
休館日:毎週水曜日(ただし8月14日は開館)
観覧料:一般 : 1,000(900)円
   高校・大学生 : 500(400)円
   中学生以下 : 無料
   ※( )内は20名以上の団体
   ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料
   (入館の際に手帳等をご提示ください。)
住所:〒728-0023 広島県三次市東酒屋町10453番地6
TEL:0824-65-0010
URL:奥田元宋・小由女美術館


《しだれ櫻》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《しだれ櫻》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵

日本の四季折々の風景や食材といった、移り変わる自然界の瞬間的な美を切り取って描きつづける切り絵画家・久保修。本展では、美しい日本の原風景を切り絵にして残し、世界や未来に向けて発信している久保の作品を初期から近作まで幅広くご覧いただけます。
阪神淡路大震災での被災経験や47都道府県を巡る旅を行うなかで、自然災害によってそこに在った文化や風景、人々の暮らしが失われていく様子を目の当たりにした久保は、日本の原風景を切り絵にして残していく「紙のジャポニスム」と題した活動をスタートさせます。その活動は国内にとどまらず、2009年に文化庁文化交流使に任命されて以降は展覧会やワークショップなどの事業を計16か国以上で開催し、切り絵を通して世界中の人たちに日本文化を紹介しています。

《菖蒲(アヤメ)》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《菖蒲(アヤメ)》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《天上の華》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《天上の華》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《椿流水図》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵
《椿流水図》2020年 久保修切り絵ミュージアム蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る