「九州大学「第九」日本人初演100周年記念事業 九大フィル史料展示」九州大学フジイギャラリー

「九州大学「第九」日本人初演100周年記念事業 九大フィル史料展示」九州大学フジイギャラリー

名称:「九州大学「第九」日本人初演100周年記念事業 九大フィル史料展示」九州大学フジイギャラリー
会期:2024年06月10日~2024年08月04日
会場:フジイギャラリー
開館時間:10:00~17:00
休館日:6月10日(月)〜6月29日(土):月〜土開館、日祝休館
   7月1日(月)〜8月2日(金):月〜金開館、土日祝休館
   8月3日(土)〜8月4日(日):土日臨時開館(オープンキャンパス)
観覧料:無料
住所:〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-6973
URL:フジイギャラリー

第2期となる本展では、作家が彫刻家としての道を歩み始めた初期から、太平洋戦争前後に制作された彫塑作品を中心に、レリーフ作品や写真等の資料などを展示します。
戦中には、石炭など軍需生産の増強を目的に結成された「軍需生産美術 推進隊」隊員として、日本各地の炭鉱を巡り坑夫の像などを制作。また、 親交があった米沢市出身の将校である南雲忠一玉砕の報を受け制作され た「サイパン玉砕」には、当時の状況や心境が生々しく表現されています。 戦後は上野駅前に戦後初の野外彫刻として設置された「愛の女神」の制 作をはじめとして、平和への希求を表現した母子像などを多く制作し、新 たな展開に向かいました。激しい時代のうねりの中で、それに呼応する ように生み出された力強い作品の数々、どうぞごゆっくりご鑑賞ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る