「塩田千春 つながる私」大阪中之島美術館

「塩田千春 つながる私」大阪中之島美術館

名称:「塩田千春 つながる私」大阪中之島美術館
会期:2024年9月14日(土)~2024年12月1日(日)
会場:大阪中之島美術館
展示室:5階展示室
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
   ※ただし9月16日(月・祝)、23日(月・休)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開館
観覧料:一般 2,000円(1,800円)
   高大生1,500円(1,300円)
   平日:一般1,800円
   ※中学生以下無料
   ※( )内は、前売・20名以上の団体料金
   ※前売券は、7月13日~9月13日まで
   ※平日料金は、一般のみ
   ※その他企画チケットあり
主催:大阪中之島美術館、MBSテレビ、朝日新聞社
協賛:ダイキン工業、DNP大日本印刷、竹中工務店、ハマナカ
住所: 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
TEL:06-6479-0550
URL: 大阪中之島美術館

塩田千春《巡る記憶》
2022年
写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota
塩田千春《巡る記憶》 2022年 写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota

塩田千春(1972年生まれ)の出身地・大阪で、16年ぶりに開催する大規模な個展です。現在ベルリンを拠点として国際的に活躍する塩田は、「生と死」という人間の根源的な問題に向き合い、作品を通じて「生きることとは何か」、 「存在とは何か」を問い続けています。本展は、全世界的な感染症の蔓延を経験した私たちが、否応なしに意識した他者との「つながり」に、3つの【アイ】-「私/I」、「目/eye」、「愛/ai」を通じてアプローチしようというものです。それぞれの要素はさまざまに作用し合いながら、わたしたちと周縁の存在をつないでいると考えます。インスタレーションを中心に絵画、ドローイングや立体作品、映像など多様な手法を用いた作品を通じて、本展が 「つながる私」との親密な対話の時間となることでしょう。

塩田千春《家から家》
2022年
写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota
塩田千春《家から家》 2022年 写真:サニー・マン ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota
塩田千春《The Eye of the Storm》
2022年
画像提供:バンコクアートビエンナーレ ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota)
塩田千春《The Eye of the Storm》 2022年 画像提供:バンコクアートビエンナーレ ©JASPAR, Tokyo, 2023 and Chiharu Shiota)
塩田千春《多様な現実》2022年 写真:Torben Eskerod ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《多様な現実》2022年 写真:Torben Eskerod ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《インターナルライン》2022年 写真:Anders Sune Berg ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《インターナルライン》2022年 写真:Anders Sune Berg ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《風景》1992年 ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《風景》1992年 ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《宇宙とつながる》2023年 ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
塩田千春《宇宙とつながる》2023年 ©JASPAR, Tokyo, 2024 and Chiharu Shiota
ベルリンのアトリエ
ベルリンのアトリエ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る