生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター

生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター

名称:生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター
会期:2024年7月27日(土)〜2024年9月23日(月)
会場:尼崎市総合文化センター
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:火曜日
入場料:一般 1000円、65歳以上 800円、大学生・高校生 700円、中学生以下 無料
住所:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
TEL:06 (6487) 0800
URL:尼崎市総合文化センター

生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター
生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター

抽象画家・白髪一雄(1924-2008)は、床に広げたキャンバスの上に絵具の塊を置き、天井から吊るしたロープにつかまってそれを素足で画面全体に展開させる方法で描きました。全身の力を込めて描かれた迫力のある作品は観る人に強烈な印象を与え、世界的に高く評価されています。
白髪が素足で描くアクション・ペインティングを開始した1950年代後半、当時所属していた前衛美術グループ「具体」では、「これまでになかったものを創り出す」ことを目指し、若い会員たちが自由な発想で新しい表現を次々に生み出していました。なかでも特異な白髪の作品は、来日したフランスの美術評論家ミシェル・タピエに賞賛され、彼を通じて海外にも広く知られるようになります。
白髪は生まれ育った尼崎に強い愛着を持ち、83歳で亡くなるまで当地に暮らし、制作しました。生誕100年を迎える今年、生誕の地・尼崎においてその足跡をたどります。
本展では、作品だけでなく、作品が生み出された背景にも光を当て、エネルギーに満ちたアクション・ペインティングの原点ともいえる尼崎の祭りの記憶をめぐる資料や、生家「木市呉服店」にあったアトリエの再現、白髪が愛好した品々、さらには、創作のために心身を鍛えようと修行を行った天台密教に関連する資料なども加え、生涯にわたり飽くなき挑戦を続けたアクション・ペインターの画業を紹介します。
また、様々な関連事業を通して、現代のアーティストたちにも影響を与えつづけるその作品の魅力を多面的に検証します。

生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター
生誕100年記念 白髪一雄展「行為にこそ総てをかけて」尼崎市総合文化センター

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る