「朝鮮美術へのまなざし その背景」天一美術館

  • 2021/1/11
  • 「朝鮮美術へのまなざし その背景」天一美術館 はコメントを受け付けていません
「朝鮮美術へのまなざし その背景」天一美術館

名称:「朝鮮美術へのまなざし その背景」天一美術館
会期:2020年12月15日(火)~2021年1月24日(日)
時間:9:30~17:00(最終入館は16:30)
休館日 無休 (但し1月6日-2月末日は冬季休館)
住所:〒379-1619群馬県利根郡みなかみ町谷川
TEL:0278-20-4111
URL:天一美術館
 当館のコレクションにおいて重要なウエイトを占めるのが、李朝を中心とする朝鮮の美術工芸品です。民藝運動で知られる思想家・柳宗悦(1889-1961)らの活動がそれらの評価の向上に大きく寄与したことは周知の事実でしょう。柳は、それまで注目されずにいた日用の器物や民画に「健康な美」「正常な美」をみる、新しい視点を広く一般に示しました。「銀座 天一」初代の矢吹勇雄は柳より一回り年下でしたが、同時代人としてその見方を共有できた結果が現在のコレクションなのではないでしょうか。目の前の作品からそのことをうかがい知ることができたらと考えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る