「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」東京都写真美術館

「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」東京都写真美術館

名称:「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」東京都写真美術館
会期:2021年8月24日(火)~10月31日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
料金:一般 700円/学生 560円/中高生・65歳以上 350円
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館、東京新聞
特別協力: メルボルン大学
住所:〒153-0062東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
URL:東京都写真美術館

「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」東京都写真美術館
「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」東京都写真美術館

このたび東京都写真美術館では、メルボルン大学の協力を得て、同大学教授ナタリー・キングとの共同企画により「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」展を開催いたします。本展覧会では、日本とオーストラリアの写真・映像表現を通して、現代を生きる私たちに共通する問題意識に焦点をあてます。
オーストラリアは、植民地時代の先住民の放逐、近代から発達した多文化主義への指向、大陸の40%を非居住地域が占める自然環境など、特有の問題とその認識があります。一方、日本は世界唯一の被爆国であるとともに、東日本大震災に代表される天災を経験しています。 しかしながら、これらの各国特有の歴史的背景や意識をもちながらも、想像をはるかに超える出来事が日々起こる現代において、私たちが国境を越えて共有できる経験や問題意識はますます多くなっています。 この現代社会において、写真表現はどのような意味をもっているでしょうか。写真は、過去や社会と密接に絡み合い、私たちの時間をゆるがし、個人の経験と社会構造をつなぐ力をもっています。
本展の出品作品を通して、私たちは、二項対立と思われているもの―過去と未来、経験と未知、記憶と忘却、生と死―の間を行き来し、その循環から、可逆的な思考という新たな視座を見つけることができるでしょう。

出品作家
マレイ・クラーク、ローズマリー・ラング、ポリクセニ・パパペトロウ、ヴァル・ウェンズ、石内都、片山真理、畠山直哉、横溝静(計8名)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る