考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

汝窯 2007.03.28更新

汝窯

和:じょよう
【中:Ru yao
宋・遼・金・元|陶磁器>汝窯

 汝窯が北宋時代の宮廷の御用窯だったのは、1186年から1106年の20年間という短い期間に限られています。そのため現存する作品も少なく、非常に希少価値の高い宝とされています。青磁の最高級品として名高い汝窯の磁器は、雨上がりの澄み渡る空のような美しいスカイブルーが最大の特徴です。また、汝窯の釉には瑪瑙(メノウ)が混ぜ込んであり、器の口部分などに、うっすらとピンクがかった輝きを見ることができます。その色は土質、釉の配合の関係上、現代の技術でも再現できないとされ、より神秘性にあふれた美しさをたたえています。
関連用語:中国陶磁器|唐白磁・黒釉|唐三彩|景徳鎮陶磁器歴史博物館|南宋官窯博物館

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.