考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

顔真卿  2008年10月08日(水)更新

顔真卿
【和:がんしんけい
【中:Yan Zhenqing
隋・唐・五代|歴史人物>顔真卿


(709-785)
  唐の忠臣、書家。京兆府万年県(西安)の人。字は清臣、顔魯公ともいう。開元の進士。揚国忠に排斥され平原(山東省平原)太守に左遷されたが、安禄山の乱に際して義兵を募り唐朝のために戦った。のち反乱首領の李希烈の説得に派遣され、捕えられて殺された。
王羲之の典雅な書風に対して、革新的な力強い書風を開き、顔体とよばれた。『多宝塔碑』『祭姪文稿』などが有名。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.