考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

孔頴達  2008年10月10日(金)更新

孔頴達
【和:くようだつ
【中:Kong Yingda
隋・唐・五代|歴史人物>孔頴達


(574-648)
  唐初の経学者。冀州衡水県(河北省衡水)の人。字は沖遠。隋の煬帝のとき科挙に合格。のち秦府の十八学士の一人となり、国子博士・国子祭酒などを歴任。魏徴らと『隋史』を著作。また、太宗の命により顔師古とともに『五経正義』(180巻)を編集、南北朝以来の諸学派の経学の解釈を統一し、経学注釈の定本となり、科挙試験の標準テキストともなった。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.