考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

中国庭園 2008年12月19日更新

中国庭園
【和:ちゅうごくていえん
【中:Zhong guo ting yuan
面白テーマ|>中国庭園

中国の庭園は中国の歴史的文化遺産の宝庫の中で、芸術的真珠として輝いている。
調和のとれた完壁な芸術的形象、典雅な芸術的風格、独特の意匠に富む配置、含蓄的な奥深い意境を求める中国の庭園は「世界「庭園の母」と言われている。悠久な歴史をもつ中国の庭園の造営は、およそ3000年前の商・周時代から始まり、その後の各時代に絶まなく発展し、精美な庭園が次々と造られ、明・清の時代(1868~1911年)に中国の庭園芸術はさらにすばらしいものになった。蘇州の庭園、承徳の避暑山荘、北京の頤和園天壇などはその代表格。
成果の大きい中国の庭園は、大自然の山水、草花・樹木を有限の空間に置き、総体的な配置、庭・家屋の組み合せ、山石の構造、植物などを通じて、自然と人工を結び付けた美を再現している。整然とした建築物と変化に富む山石、樹木とのコントラストを通して、調和がとれて互いに補う芸術的効果を生んでいる。自然を利用し、また自然に順応し、そして自然より高い、精美な造園芸術は中国と世界の芸術花園のなかの美しい花である。
今日では、多くの庭園が一般公開され、その限りない魅力を人びとの前に展開し、万里の長城、秦の始皇帝兵馬俑、長江三峡などの名所旧跡とともに中国の観光スポットとなり、内外の観光客を引き付けている。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.