アン・バクスター-【キネマ旬報-表紙で振り返る-映画女優展】-東京ミッドタウン日比谷

アン・バクスター-【キネマ旬報-表紙で振り返る-映画女優展】-東京ミッドタウン日比谷

「キネマ旬報」表紙で振り返る映画女優展
キネマ旬報 ©KINEMA JUNPOSHA
会期:10月16日(金)〜11月8日(日)
会場:東京ミッドタウン日比谷・日比谷シャンテ 各所
入場:無料
主催:東京ミッドタウン日比谷、一般社団法人日比谷エリアマネジメント
協力:株式会社キネマ旬報社

アン・バクスター-【キネマ旬報-表紙で振り返る-映画女優展】-東京ミッドタウン日比谷

アン・バクスター(Anne Baxter, 1923年5月7日 – 1985年12月12日)はアメリカ合衆国インディアナ州出身の女優。
母方の祖父は建築家のフランク・ロイド・ライト(彼女の母親がライトの娘)。裕福な家庭に生まれ、10歳でヘレン・ヘイズの舞台を見て女優になることを決意し、11歳の時にニューヨーク州ウェストチェスター郡ブロンクスヴィル (Bronxville, New York) に移る。セオドラ・アーヴィン演劇学校でロシア出身の女優マリア・アウスペンスカヤに師事し演技の勉強をする。13歳の頃にはブロードウェイの舞台でデビューし、1940年には17歳で20世紀フォックスと契約し映画でもデビューを飾る。なおデビュー作の『20 Mule Team』は『レベッカ』のスクリーンテストを受けた結果、代わりに割り振られた役だった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連記事

コメント

  1. For newest news you have to pay a visit world wide
    web and on web I found this website as a most excellent site for most up-to-date
    updates.

  2. I love it when folks get together and share thoughts.
    Great website, keep it up!

  3. Generally I don’t read post on blogs, but I wish to say that
    this write-up very forced me to try and do it! Your writing taste has been amazed me.
    Thanks, quite great post.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る