「有馬入城前夜シリーズⅡ—小早川・田中の時代」有馬記念館

「有馬入城前夜シリーズⅡ—小早川・田中の時代」有馬記念館

名称:「有馬入城前夜シリーズⅡ—小早川・田中の時代」
会 期:令和2年9月26日(土)~令和3年1月11日(月)
休館日:毎週火曜日(祝祭日と重なる場合は翌平日)
    12月28日~1月1日
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般 210円(150円)、高校生以下は無料です
    ※( )内は15名以上の団体料金です。ただし、無料で入館されるお客様は団体の人数には含まれませんので、ご注意ください。
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料で入館できます(受付で手帳をご提示ください)。
    その他 ・上下階への移動は、車椅子対応のエレベーターがあります。
    ・1階の多目的トイレは、車椅子でもご利用できます。
住所:〒830-0021福岡県久留米市篠山町444
TEL:0942-39-8485
URL:有馬記念館
 2021年は、九州の戦国時代が終わりを告げてから、江戸時代の天下泰平の世を迎える有馬豊氏(ありまとようじ)の久留米城入城から400年を迎えます。
 その前夜、筑後・久留米の地は、戦国の雄・毛利元就(もうりもとなり)の九男でキリシタン大名の小早川秀包(こばやかわひでかね)、次いで筑後一国を領した田中吉政(たなかよしまさ)・忠政(ただまさ)によって治められました。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る