企画展「トヨタ モータースポーツ列伝:弛(たゆ)まぬ挑戦者たち」トヨタ博物館

企画展「トヨタ モータースポーツ列伝:弛(たゆ)まぬ挑戦者たち」トヨタ博物館

名称:企画展「トヨタ モータースポーツ列伝:弛(たゆ)まぬ挑戦者たち」トヨタ博物館
会期:2020年11月3日(火・祝)~2021年4月11日(日)
場所:トヨタ博物館 文化館2階 企画展示室
内容:豊田喜一郎がレース参戦の意義を唱えたことにはじまる、モノづくりと共に現在も続くトヨタのモータースポーツへ取り組みを実車とともに紹介。
展示車両:(年代順)
1957 トヨペット クラウン RSD: 第5回豪州一周ラリー(Mobilgas Rally)参戦車(レプリカ)
1966 トヨタ 2000GT: 超高速耐久トライアル挑戦車 (レプリカ)

1969 トヨタ7: ワールドチャレンジカップ富士200マイルレース大会 (日本Can Am)優勝車

1970 トヨタ7 : 全日本富士1000kmレース エキシビジョン走行車

1970 トヨタ7 ターボ : 全日本富士1000kmレース エキシビション走行車

1988 トヨタ セリカ ターボ : IMSA GTOクラス参戦車

1989 トヨタ 89C-V : インターチャレンヂ FUJI 1000km優勝車

1998 トヨタ GT-One(TS020) : ル・マン24時間 決勝仕様テストカー

2009 トヨタ TF109 : Formula1参戦車
住所:〒480-1118愛知県長久手市横道41-100
TEL:0561-63-5151
URL:トヨタ博物館
  自動車メーカーにとってモータースポーツとは単なる競争ではありません。難関なコースや、過酷な環境下でも走り続けることのできるクルマを目指すことで技術を向上させ、その技術を市販車に反映し、お客様に運転の喜びや、安全・安心な移動手段を提供していくことが目的です。
  モータースポーツ史を広く見渡すことは、すなわち当時の社会情勢や課題を反映した、メーカーのクルマづくりの姿を、浮かびあがらせることでもあります。
  本展ではトヨタが参加してきた様々なカテゴリーのレースと、そこに参戦した車両の展示を通じ、トヨタのモータースポーツとモノづくりとの関係性をご紹介します。豊田喜一郎の「競争という厳しい環境が人を鍛え、クルマを鍛える」という想いと、それを受け継いだ技術者たちの挑戦の系譜をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る