「とっておき!水美コレクションでめぐるこころの旅」富山県水墨美術館

  • 2021/2/12
  • 「とっておき!水美コレクションでめぐるこころの旅」富山県水墨美術館 はコメントを受け付けていません
「とっておき!水美コレクションでめぐるこころの旅」富山県水墨美術館

名称:「とっておき!水美コレクションでめぐるこころの旅」富山県水墨美術館
会期:2021年2月19日(金曜)~4月11日(日曜)
会期中の休館日:月曜日(2月22日は開館)、2月24日
開館時間:午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)
観覧料:[当日]一般300円(230円)大学生 150円(110円)
  ※( )内は20人以上の団体料金です。
  ※この料金で常設展も観覧できます。
  ※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料です。
主催:富山県水墨美術館、富山新聞社、北國新聞社、北日本放送
協賛:東亜薬品、リードケミカル、日東メディック、北陸銀行、トヨタカローラ富山、スギノマシン、ユニゾーン、北國銀行、デュプロ北陸販売(順不同)
住所:〒930-0887富山県富山市五福777
TEL:076-431-3719
URL:富山県水墨美術館
 古来より私たちは見知らぬ世界への旅にあこがれ、想像力をふくらませ、様々な思いを寄せてきました。そして、美術作品の中にも、そうした沢山のすばらしい世界が表現されています。
初春に開催する本展では、6つのテーマを設けて、作品との出会いを「旅」に見立て、めぐるように当館のコレクションを楽しくご覧いただきます。
展示室1では、「きせつ」、「いきもの」、「くらし」をテーマに、私たちの外に広がる世界、自然や生きものの姿を表現した作品をご覧いただきます。展示室2では、「ふしぎ」、「おもい」、「いのり」をテーマに、私たちの内なる世界にも着目して、目に見えないけれど、深く豊かな気持ちを表現した作品をご紹介します。また、展示室1とホワイエでは、「すいぼくのせかい」と題し、水墨表現や画材などをご紹介します。
この展覧会は、春休み期間にあわせ、子どもや水墨画初心者も対象に、みんなで楽しめるような展示を工夫します。大人だけでなく、子どもたちも一緒に、親子で、家族で、友だち同士で、みなさん連れ立って、気軽にお出かけください。
とっておき!の水美コレクションにより、それぞれの作家たちが出会った風景やあこがれの場所、そしておどろきや感動を表現した「こころの旅」を、どうぞお楽しみください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る