「角館のひな人形展」仙北市立角館樺細工伝承館

「角館のひな人形展」仙北市立角館樺細工伝承館

名称:「角館のひな人形展」仙北市立角館樺細工伝承館
会期:2021年2月1日(月)〜4月4日(日)
開館時間:9時〜16時30分(入場は16時まで)
  ※4月より9時〜17時(入場は16時30分まで)
休館日:会期中無休
観覧料:令和3年3月31日まで観覧料無料
  4月より、大人(高校生以上)300円/小人(小・中学生)150円
  ※団体割引あり・仙北市民は無料
住所:〒014-0331秋田県仙北市角館町表町下丁10-1
TEL:0187-54-1700
URL:仙北市立角館樺細工伝承館
  角館樺細工伝承館では2月1日(月)より「角館のひな人形展」を開催します。桃の節句にちなんだ恒例の展示で、今年は古雛と押絵を中心に展示しています。
 古雛は佐竹北家など旧家に伝来してきた享保雛をメインに、ひな人形に付随したひな道具など時代を感じさせる由緒ある品々も彩りを添えます。
 押絵は江戸時代末期から昭和前期にかけて庶民の間で流行したお雛さまで、角館では平福穂庵などの郷土画家が製作にかかわり、完成度を高めてきました。
 代々大切に保存伝承されてきたお雛さまの数々を、ぜひこの機会にご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る