「~小さな窓から大きな世界を~ 礒貝吉紀ドールハウスの魅力」致道博物館

「~小さな窓から大きな世界を~ 礒貝吉紀ドールハウスの魅力」致道博物館

名称:「~小さな窓から大きな世界を~ 礒貝吉紀ドールハウスの魅力」致道博物館
会期:令和3年2月19日(金)から4月20日(火)まで
会場:致道博物館 美術展覧会場
時間:2月:午前9時から午後4時まで(最終入館は午後4時30分)
   3月:午前9時から午後4時30分まで(最終入館は午後4時)
休館:2月の水曜日
住所:〒997-0036山形県鶴岡市家中新町10-18
TEL:0235-22-1199
URL:致道博物館
 ドールハウス作家・研究家の第一人者であった礒貝吉紀氏(1933-2011)の作品が一堂に! 2017年に寄贈された作品の他、愛娘のために制作した「けいこの家」を特別展示。また、闘病中に制作していた未完の遺作「テレビ局のスタジオ(仮称)」を初公開します。
 民放テレビ局に勤務していた礒貝吉紀(1933-2011)氏は、約50年前に欧州のドールハウスに巡りあい、独自に取材調査を始めます。作家・研究家として活動と交流を広げ、第一人者となった礒貝氏の作品は、三枝子夫人より2017年に寄贈いただきました。
 本展では、館蔵全作品34点を展示するほか、愛娘のために制作した「けいこの家」、ドールハウス仲間であった花見郁代氏所蔵の3作品を特別出品します。また、闘病中に制作していた未完の遺作「テレビ局のスタジオ(仮称)」を初公開します。(合計39点)
作品制作において礒貝氏は、時代設定・背景・デザイン・素材など、充分納得出来るまで時間と手間を掛け、その上で自らのストーリーを加えることで「模型」ではなく「ドールハウス」になるのだと語っています。ドールハウスの小さな窓から広がる大きな世界を、想像をしていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る