特別展示 国宝金印「漢委奴国王」福岡市美術館

特別展示 国宝金印「漢委奴国王」福岡市美術館

名称:特別展示 国宝金印「漢委奴国王」福岡市美術館
会期:2020年12月8日(火)〜2021年3月28日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分 ※いずれも最終入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日/年末年始(12月28日~1月4日)
  ※月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日
住所:〒810-0051福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL:092-714-6051
URL:福岡市美術館https://www.fukuoka-art-museum.jp/
 ふくおかの文化財を代表する一品、国宝金印。江戸時代に志賀島で発見され、福岡藩主黒田家に代々伝わった後、1978年に福岡市に寄贈されました。印面の5文字は「漢(かん)の倭(わ)の奴(な)の国王(こくおう)」と読むことができ、弥生時代に福岡平野を統治した奴国の王が、当時の中国皇帝から贈られたものと考えられています。
 普段は福岡市博物館で常設展示しておりますが、博物館の一時休館に伴い、その期間中、福岡市美術館で関連資料とともに公開いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る