「日本茶の輸出の歩み」ふじのくに茶の都ミュージアム

「日本茶の輸出の歩み」ふじのくに茶の都ミュージアム

名称:「日本茶の輸出の歩み」ふじのくに茶の都ミュージアム
会期:2021年3月6日(土)~2021年6月21日(月)
場所:ふじのくに茶の都ミュージアム 2階企画展示室
料金:大人(15歳以上)300円、大学生以下 無料 
  ※学生、70歳以上、障害者手帳をお持ちの方は、身分証明書のご提示で無料になります。
住所:〒428-0034静岡県島田市金谷富士見町3053-2
TEL:0547-46-5588
URL:ふじのくに茶の都ミュージアム
 日本茶の輸出は、外貨獲得のための国策として幕末に横浜港を中心に始まりました。その後、清水港の開港によって日本人の手による静岡県からの直輸出が増え、静岡県の茶業は大きく発展していきました。
 今回の企画展では、日本の茶業者たちが情勢の変化に対応し、輸出の販路開拓や現地の嗜好に合ったお茶を作るなどの努力を重ねた事績を紹介するとともに、近年伸びている日本茶の輸出のこれからについて考えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る