「国立工芸館石川移転開館記念展III 近代工芸と茶の湯のうつわ─四季のしつらい─」国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)

「国立工芸館石川移転開館記念展III 近代工芸と茶の湯のうつわ─四季のしつらい─」国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)

名称:「国立工芸館石川移転開館記念展III 近代工芸と茶の湯のうつわ─四季のしつらい─」国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
会期:2021年4月29日(木・祝)〜7月4日(日)
開館時間:9:30〜17:30(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)、5月6日(木)
観覧料:一般 500円、大学生 300円
  ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳の所持者と付添者1名までは無料
  ※割引料金あり(詳細は公式ウェブサイトを参照)
住所:〒920-0963石川県金沢市出羽町3-2
TEL:050-5541-8600
URL:国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
 日本では茶の湯の発展とともに、さまざまな素材を用いた“茶の湯のうつわ”がつくられてきました。それらは、つねに時代を映す鏡のように、新たな考えや造形を見せています。本展では、個としての想いを造形や意匠に表している工芸家の「作品=茶の湯のうつわ=表現のうつわ」と、使い手からの「見立てのうつわ」を、四季の取り合わせの中で紹介し、時代によって移りゆく、茶の湯に対する作家の思考や茶の湯の造形について探ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る