生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン・ホール

「生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」」東京ミッドタウン・ホール

名称:「生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」」東京ミッドタウン・ホール
会期:2021年7月22日(木)〜9月17日(金) 会期中に展示替えあり
[主な展示替え:前期 7月22日(木)~8月9日(月) / 後期 8月11日(水・祝)~9月17日(金)]
※展示替えの日程は変更となる可能性あり
休館日:8月10日(火)・24日(火)、9月7日(火)
会場:東京ミッドタウン・ホール
住所:東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウン B1
URL:東京ミッドタウン・ホール

20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした画狂の絵師・葛飾北斎(1760-1849)。 その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』、「冨嶽三十六景」、『富嶽百景』の全頁(ページ)・全点・全図が一堂に会する前代未聞の特別展です。 今回の展示では、北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結。 世界一の北斎漫画コレクターである浦上満氏の全面協力により、『北斎漫画(初編~15編)』全883頁、「冨嶽三十六景」全46点、『富嶽百景(初編~3編)』全102図を通期で展示するという前代未聞の試みに挑戦。 さらに、2014年にグランパレ(仏・パリ)の「北斎展」会場デザインを手掛け、 国際的な注目を集める建築家の田根剛氏、『北斎漫画』(青幻舎、2011年)の装丁も手掛けた鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎氏らが展示空間を構築。 その空間に『BRUTUS』の日本美術特集など、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里氏による編集、高精度な文化財デジタルアーカイブを得意とする凸版印刷の表現技術が加わり、世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える、「北斎づくし」の空間にご期待ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る