「きらめきの日本美術 ―屏風絵と肉筆浮世絵」出光美術館

「きらめきの日本美術 ―屏風絵と肉筆浮世絵」出光美術館

名称:「きらめきの日本美術 ―屏風絵と肉筆浮世絵」出光美術館
開催期間:2021年6月15日(火)~8月22日(日)
  前期 2021年6月15日(火)~7月11日(日)
  後期 2021年7月20日(火)~8月22日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  ※毎週金曜日は10:00~19:00(入館は18:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日および振替休日の場合は開館)
住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:出光美術館
 美しい自然の情景や人々のいとなみを、巨大で絢爛な画面に生き生きと立ち現せる屏風絵。絵師みずからが筆をとり、絵の具のかがやきや絵筆の躍動をダイレクトに伝える肉筆浮世絵。日本絵画の歴史は、まばゆいばかりの色と光で彩られています。本展では、新たに当館の収蔵品となったエツコ&ジョー・プライス氏(プライス財団)旧蔵のコレクションから「鳥獣花木図屏風」(前期展示予定)を加え、きらめきに満ちあふれたその世界を紹介いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る