伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京国立博物館

伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京国立博物館

名称:伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」東京国立博物館
会期:2021年10月12日(火)~11月21日(日)
主催:東京国立博物館、天台宗、比叡山延暦寺、 読売新聞社、文化庁
特別協賛:キヤノン、JR東日本、日本たばこ産業、 三井不動産、三菱地所、明治ホールディングス
協賛:清水建設、髙島屋、竹中工務店、三井住友銀行、 三菱商事
協力:NISSHA
住所:〒110-8712東京都台東区上野公園13-9
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:東京国立博物館
2021年は、伝教大師最澄の1200年の大遠忌にあたります。最澄は平等思想を説いた法華経に心惹かれ、この教えをいしずえとする天台宗を日本でひろめました。最澄が創建した延暦寺は多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。
本展では、延暦寺における日本天台宗の開宗から、東叡山寛永寺を創建して幕府と強固なつながりを得た江戸時代に至るまでの天台宗の歴史をご紹介します。日本各地で守り伝えられてきた貴重な宝物や、法華経の説く万民救済の精神をあらわす文化財を、地域的な特色を示しながらご覧いただきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る