夏季特別展Ⅱ「93歳のフォトグラファー 西本喜美子写真展」新見美術館

夏季特別展Ⅱ「93歳のフォトグラファー 西本喜美子写真展」新見美術館

名称:夏季特別展Ⅱ「93歳のフォトグラファー 西本喜美子写真展」新見美術館
会期:2021年8月28日(土)~10月3日(日)月曜休館(但し、9/20[月]開館)
開館時間:9時30分~17時 (入館は閉館30分前)
観覧料:一般800円(700円) 大学生・専門学校生500円(400円)
     中高生300円(250円) 小学生200円(150円)
      ※( )内は各種割引料金
主催:新見市・新見市教育委員会・新見美術館・TSCテレビせとうち
後援:岡山県、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、山陽新聞社
(予定) 朝日新聞岡山総局、産経新聞社、毎日新聞岡山支局、読売新聞岡山支局
     新見市文化連盟、吉備ケーブルテレビ、備北民報社、新見市観光協会
     新見公立大学、エフエム岡山、FMふくやま
住所:〒718-0017岡山県新見市西方361
TEL:0867-72-7851
URL:新見美術館
熊本に暮らす西本喜美子さんは、93歳となる今も現役のフォトグラファーです。
 昭和3(1928)年に両親が農業指導をしていたブラジルで生まれ、8歳で帰国。女学校、美容学校を卒業したのち美容院をはじめますが、全国を巡業する弟達の後を追うように競輪選手の道へと進みます。結婚を機に27歳で引退してからは子育てとパートタイムとに力を尽くし、息子が主宰する教室で写真を始めたのは72歳になってからでした。
 70代半ばでパソコンを購入、編集ソフトを駆使したデジタル写真や人目を引くポートレートが80代で大きな注目を集めます。本展では、西本喜美子さんの写真約100点を紹介します。また会期中には遊美塾を主宰する写真家・西本和民氏による写真教室を開催します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る