「第44回瀬戸内版画展」勝央美術文学館

「第44回瀬戸内版画展」勝央美術文学館

名称:「第44回瀬戸内版画展」勝央美術文学館
会期:2021年10月20日 ㊌~10月31日 ㊐
会場:勝央美術文学館 町民ギャラリー1
料金:無料
主催:瀬戸内版画会 勝央美術文学館
住所:〒709-4316岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4
TEL:0868-38-0270
URL:勝央美術文学館

 県内で精力的に活躍する版画家集団「瀬戸内版画会」のメンバーによる作品展。1978年初代 木村政夫会長により<版>芸術をより多くの人々に紹介するため、瀬戸内在住の版画家の結集をめざして結成されました。<版>を使うという表現手段だけで一致している集団で、その手法も木版、シルクスクリーン、リトグラフ、エッチング、孔版、紙版と多彩。各人が自由に表現していくことを理念に掲げ作品を発表しています。
 様々な版画の魅力をぜひお楽しみください。
最終日31日のみ〜14:00まで(入館は閉館の30分前まで)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る