「コレクション展Ⅰ 顔、あつめました!」新潟市美術館

「コレクション展Ⅰ 顔、あつめました!」新潟市美術館

名称:「コレクション展Ⅰ 顔、あつめました!」新潟市美術館
会期:2021年04月24日(土)から2021年08月29日(日)まで
  ※会期中、一部作品の展示替を行います。
  前期:~6月27日(日)、後期:6月29日(火)~
休館日:月曜(5月3日、8月9日は開館)、6月15日(火)~6月18日(金)
時間:午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)
会場:新潟市美術館 常設展示室
観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)
  ()内は団体(20名以上)料金
住所:〒951-8556新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL:025-223-1622
URL:新潟市美術館

当館の所蔵品から「顔」や「顔のようなもの」を表現した作品を「『モチーフ』としての顔」、「子どもの顔」、「自画像・肖像」、「横顔選手権!」、「これも顔?」の5つのテーマに沿って紹介します。
「顔」と一口に言っても、安宅乕雄の《自画像》をはじめとする写実的に描かれた人物の「顔」や、岡本信治郎の《エノケン的自画像》のようなデフォルメされた個性的な「顔」、カリエールやルドンの描いた人の「横顔」、「顔」としてもとらえることのできる渡辺豊重の抽象的な版画作品など、さまざまです。これらを通じて、作家による多様な表現に触れてみませんか。
あわせて、現在作品調査を行っている新潟市出身の画家「熊谷喜代治」も特集します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る