春季展「所蔵全作品公開展Ⅴ期 百花撩乱—薔薇作品を中心に—」白山市立松任中川一政記念美術館

春季展「所蔵全作品公開展Ⅴ期 百花撩乱—薔薇作品を中心に—」白山市立松任中川一政記念美術館

名称:春季展「所蔵全作品公開展Ⅴ期 百花撩乱—薔薇作品を中心に—」白山市立松任中川一政記念美術館
会期:2021年3月6日(土)〜8月29日(日)
  前期:3月6日(土)~5月30日(日)
  後期:6月1日(火)~8月29日(日)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:大人200円(100円)、高校生100円(50円)、中学生以下無料 
  ※( )内は20名以上の団体料金 
  ※障がい者手帳を提示の方とその介護者1名は無料
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館します)
住所:〒924-0888石川県白山市旭町61-1
TEL:076-275-7532
URL:白山市立松任中川一政記念美術館

松任中川一政記念美術館では、2020-21特別企画として、収蔵作品・資料約480点を順次公開する「所蔵全作品公開展」を開催しています。最終の第5期となる本展では、令和2年春の第1期(新型コロナウィルス感染症対策のため臨時休館、12日間のみ公開)を再開催し、「百花撩乱」と題して、中川画伯が最期まで取り組んだ「薔薇」や、折々に描いた季節の花々の作品を中心に紹介します。
「画は生きていなければならない」を標榜し続けた中川画伯の生きた証と言える「薔薇」作品群には、普段の企画展では公開しきれない作品も多く含まれ、必見です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る