企画展「動きや音を楽しむ 樋口一成 木のおもちゃ展」おかざき世界子ども美術博物館

企画展「動きや音を楽しむ 樋口一成 木のおもちゃ展」おかざき世界子ども美術博物館

名称:企画展「動きや音を楽しむ 樋口一成 木のおもちゃ展」おかざき世界子ども美術博物館
会期:2021年4月17日 土曜日~6月27日 日曜日
場所:おかざき世界子ども美術博物館(岡町)
開館時間:9時~17時(入場は16時30分まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、5月3日 月曜日・祝日は開館)、5月6日 木曜日
観覧料:一般(高校生以上) 500円
  小中学生 100円
   ※ 岡崎市内(在学・在住)の小中学生は無料(わくわくカードまたは生徒手帳を提示)
   ※ 各種障がい者手帳を持参する者1人につき、当該手帳持参者とその介助者1人は無料
   (各種手帳を提示)
住所:〒444-0005愛知県岡崎市岡町鳥居戸1-1 岡崎地域文化広場内
TEL:0564-53-3511
URL:おかざき世界子ども美術博物館

国立大学法人愛知教育大学教授であり、木のおもちゃデザイナーでもある樋口一成氏が発想し、デザインした独創的でユニークな大型の木のおもちゃと道具の形をした大型の木のベンチなどを展示します。
 展示作品はそのほとんどが2メートルを超える大きさです。大型の木のおもちゃでは、“ゆ~らゆ~ら”、“とことこ”、“ころころ”など可愛くてユニークな木の動きと、“かたかた”、“とんとん”、“かったんこっとん”など温かくて心地よい木の音を楽しんでいただくことができます。カンナ・ノコギリ・カナヅチなどの道具の形をした大型の木のベンチでは、座っていただくと、心地よい木の香りや手触りを楽しんでいただくことができるとともに、自分が小さくなったような不思議な感覚を感じられることでしょう。このような、ユニークな作品の展示は、子どもたちの造形・美術・工芸への興味や関心を高め、豊かな創造力を身に着けるよい機会となります。ぜひ、ワクワクするような不思議でユニークな作品をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る