第130回企画展「鉱物と宝石の教室」栃木県立博物館

第130回企画展「鉱物と宝石の教室」栃木県立博物館

名称:第130回企画展「鉱物と宝石の教室」栃木県立博物館
開催期間:2021年7月17日(土)〜9月23日(木)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金:【料金(展示室に入る場合のみ)】
  一般 260(200)円 / 大学生・高校生 120(100)円 / 中学生以下 無料
  ※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金
休館日:月曜日・祝日の翌平日
住所:〒320-0865栃木県宇都宮市睦町2-2
電話028-634-1311
URL:栃木県立博物館

“鉱物”という言葉に、馴染みのある人は少ないかもしれません。しかし、私たちの身のまわりには、鉱物から作られているものが数多くあります。例えば、電化製品に使われている銅線の銅は、黄銅鉱とよばれる鉱物から得られます。また、私たちが身につける装飾品にもさまざまな鉱物が使われています。
 今回の展示では、私たちの生活に深く関わっている鉱物について、どんなものなのか、どんな種類があるのか、どんな特徴があるのかなど、展示を通じて多くの方々に知っていただきたいと思います。生活に使われる鉱物、絵具に使われた鉱物、栃木県産の鉱物など、テーマに沿ってご紹介します。また、恩恵を受けている鉱物の中でも、特に馴染みやすい“宝石”を大きく取り上げて紹介します。この機会に鉱物の魅力を感じていただけたら幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る