特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」鹿児島県霧島アートの森

特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」鹿児島県霧島アートの森

名称:特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」鹿児島県霧島アートの森
会期:2021年7月16日(金)〜9月12日(日)月曜休園[8/9(月)は開園,8/10(火)は休園)]
開園時間:9:00〜17:00(*7/20〜8/31の土・日・祝日は19:00まで,入園は閉園30分前まで)
観覧料:一般:800(600)円/高大生:600(400)円/小中生:400(300)円 *( )内は前売り又は20人以上の団体料金
主催:鹿児島県文化振興財団/南日本新聞社/MBC南日本放送/KTS鹿児島テレビ
協力:湧水町/霧島山麓湧水町観光協会/第一交通産業株式会社
企画・制作:Landscape Products,BAGN Inc.
特別協賛:トヨタカローラ鹿児島株式会社
住所:〒899-6201鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
TEL:0995-74-5945
URL:鹿児島県霧島アートの森

特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」鹿児島県霧島アートの森
特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」鹿児島県霧島アートの森

90 年代から現在に至るまで時代が希求する「面白いものやこと」を紹介し,流行や文化へと繋がる価値を創出し 提供してきた編集者 岡本仁の展覧会を開催します。

岡本は,2010 年に編著『ぼくの鹿児島案内』で日々の何気ない事象を取り上げ,社会に根付いた価値あるものの 発見を私たちに促してきました。

本展は,まるで雑誌のページをめくるような構成で,手掛ける編集物や関連アーティストの作品などを展示し, ものや話題を集めて選んで編む「編集」のプロセスについて紹介します。また,岡本がワークショップなどをとおして出会った新たな才能や,これからの人生にとって必要なもの・ことについて提案します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る