特別展「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」日比谷図書文化館

特別展「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」日比谷図書文化館

名称:特別展「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」日比谷図書文化館
会期:2021年7月17日(土曜日)~9月19日(日曜日)
  ※前後期で出品作を全点展示替え
前期:7月17日(土曜日)~8月15日(日曜日)
後期:8月18日(水曜日)~9月19日(日曜日)
開室時間:月曜日~木曜日 午前10時~午後7時、金曜日 午前10時~午後8時、土曜日 午前10時~午後7時、日曜日・祝日 午前10時~午後5時(入室は閉室の30分前まで)
閉室日:休館日 7月19日(月曜日)、8月16日(月曜日)  展示替え日 8月17日(火曜日)
会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室
観覧料:一般300円、大学・高校生200円(千代田区民・中学生以下、障害者手帳などをお持ちの方および付き添いの方1名は無料)※ 住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳などをお持ちください。
主催:千代田区、千代田区教育委員会、千代田区立日比谷図書文化館
協力:草津宿街道交流館、国立国会図書館、株式会社高橋工房、東京大学総合図書館、長崎大学附属図書館、町田市立国際版画美術館
住所:〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1番4号
TEL:03-3502‐3340
URL:千代田区立日比谷図書文化館

「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」千代田区立日比谷図書文化館
「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」千代田区立日比谷図書文化館

いまや日本を代表する芸術として世界中から愛される浮世絵。本展では、「うる」「つくる」「みる」をキーワードに、江戸・明治期に町の絵草紙屋で売られていた浮世絵が、人びとのささやかな娯楽品として、また暮らしの貴重な情報源として親しまれていたことを紹介します。

 今回展示するのは、千代田区指定文化財である紀伊国屋三谷家コレクションの浮世絵、150点余り(*1)です。万治3(1660)年の創業以来、神田塗師町ぬしちょう(現:千代田区鍛冶町二丁目)で金物問屋を営んでいた三谷家は、江戸時代後期の八代目当主・長三郎(1819-1886)の時代に、浮世絵師たちのパトロンとなってその制作に関与しました。三代豊国や国芳の画稿(下絵)など三谷家に届けられた貴重な資料をもとに、普段明かされることのない浮世絵制作の裏側にも迫ります。

 当時の暮らしに華を添えた色鮮やかで闊達な浮世絵の世界をぜひご堪能ください。 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る