光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界展」パラミタミュージアム

光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界展」パラミタミュージアム

名称:光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界展」パラミタミュージアム
会期:2021年10月2日(土)~11月14日(日)
会期中無休
主催:公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
後援:中日新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、NHK津放送局、三重テレビ放送
特別協力:光ミュージアム
監修:鈴木浩平(美術史家)、故・永田生慈(美術史家・北斎研究家)
企画協力:アートシステム
住所:〒510-1245三重県三重郡菰野町大羽根園松ケ枝町21-6
TEL:059-391-1088
URL:パラミタミュージアム

① 鳥園斎栄深、島君山《円窓の三美人》 寛政年間(1789~1801) ② 葛飾北斎《日 龍 月》 寛政12~文化5年(1800~08) ③ 宮川長春《立ち美人》 正徳~享保年間(1711~36) ④ 藤麿《旅の女》 享和~文化年間(1801~18)前期頃
① 鳥園斎栄深、島君山《円窓の三美人》 寛政年間(1789~1801) ② 葛飾北斎《日 龍 月》 寛政12~文化5年(1800~08) ③ 宮川長春《立ち美人》 正徳~享保年間(1711~36) ④ 藤麿《旅の女》 享和~文化年間(1801~18)前期頃

北斎、広重、国芳、英泉ら 浮世絵師直筆の一点ものが111点

江戸時代の人々に愛された浮世絵は、日本独自の芸術として開花し発展しました。なかでも桃山末期の近世初期風俗画の流れをくむ肉筆浮世絵は、大量に制作された多色摺木版画の錦絵とは異なり、絹地や和紙に直筆で表現されたもので、豪華な着物の文様、結髪の毛筋の精緻な描写など、絵師の技量が発揮された貴重な一点ものです。

今回は岐阜県高山市の光ミュージアムが所蔵する肉筆画コレクションのなかから111点を厳選し、宮川長春、勝川春章、歌川豊国、葛飾北斎、歌川広重、溪斎英泉、歌川国芳、月岡芳年など各時代を代表する絵師に加え、上方で活躍した月岡雪鼎や祇園井特など、多彩な絵師の作品を通して、江戸初期から明治期にかけて約240年にわたる肉筆浮世絵の歴史的展開を、体系的にご紹介いたします。

この機会に、肉筆浮世絵ならではの華麗な美の競演をお楽しみ下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る