「縄文のかごー縄文人の感性と技ー」佐賀県立博物館・美術館

「縄文のかごー縄文人の感性と技ー」佐賀県立博物館・美術館

名称:「縄文のかごー縄文人の感性と技ー」佐賀県立博物館・美術館
会期:2021年8月3日(火曜日)~8月22日(日曜日)
会場:博物館常設展示室(博物館2号展示室東側)
開館時間:9時30分~18時
休館日:毎週月曜日 祝日の場合は翌日
観覧料:無料
主催:佐賀市教育委員会、共催:佐賀県立博物館
住所:〒840-0041佐賀県佐賀市城内1-15-23
TEL:0952-24-3947
URL:佐賀県立博物館・美術館

8月3日(火曜日)から、佐賀市教育委員会主催「縄文のかごー縄文人の感性と技ー」が開催されています。

国内最古の湿地性貝塚である東名遺跡は、通常の遺跡では残らない動植物性遺物が多量に出土し、しかもその多くが国内最古級の貴重なものです。
日本文化の起源を知る上でも大変重要な遺跡で、佐賀県に留まらず日本を代表する縄文時代の遺跡です。平成28年10月にはその重要性が認められ、国指定の史跡に指定されました。

本企画展では、東名遺跡から出土したおよそ8,000年前の編みかごを展示し、大きなかごや小さなかご、様々なデザインのかごから、当時の暮らしや縄文時代を生きた人々の感性と技について解説します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る