特別展「北村直登展」大分市美術館

特別展「北村直登展」大分市美術館

名称:特別展「北村直登展」大分市美術館
展覧会期:令和3年7月22日(木曜日)から9月20日(月曜日)まで
開館時間:午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日:令和3年9月13日(月曜日)
観覧料:一般600円(500円)、高大生400円(300円)中学生以下は無料
  ※()は前売り、20名以上の団体料金
  ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料。
  ※ 本展観覧料でコレクション展(常設展)も併せてご覧になれます。
  ※ 本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。
会場:大分市美術館 企画展示室
主催:大分市美術館、大分合同新聞社、北村直登展実行委員会
後援:OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、J:COM大分ケーブルテレコム、NOAS FM、ゆふいんラヂオ局
特別協賛:大分ダイハツ販売株式会社、三和酒類株式会社、豊後プロパングループ
企画協力:株式会社 NAOTO KITAMURA A電話IER
〒870-0835大分県大分市大字上野865
TEL:097-554-5800
URL:大分市美術館

特別展「北村直登展」大分市美術館
特別展「北村直登展」大分市美術館

当館では、大分で活躍する若手作家を“CIAO”と名付けたアートプロジェクトで紹介してきました。今回は、CIAO!2021として北村直登をとりあげます。北村直登は、大分市の路上から作家活動をスタートさせました。大ヒットドラマにも提供されたカラフルでポップな北村作品は、今やまちなかのディスプレイやパッケージにも数多く採用されています。
路上で作品を制作し、販売する経験のなかで、北村は人びとが絵画に求めるものを、鋭敏に感じ取り、作品を通して応答する能力を身につけました。そのような、北村の作品は、単なる作品を超えて、北村と人びとをつなぐ、コミュニケーションツールともいえるでしょう。
本展では、そのような北村直登の最新作を中心に、ご紹介します。

22957 今まで本気で何かに取り組んだこともないんや キリン》2020年
22957 今まで本気で何かに取り組んだこともないんや キリン》2020年
《22929 充分頑張ってるやん 象》2020年
《22929 充分頑張ってるやん 象》2020年
23862 踊り疲れた辺りから良くなるものよ フレブルダンサー》2021
23862 踊り疲れた辺りから良くなるものよ フレブルダンサー》2021

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る