企画展 密田家土蔵移築20周年「密田家の売薬業」売薬資料館-富山市民俗民芸村

企画展 密田家土蔵移築20周年「密田家の売薬業」売薬資料館-富山市民俗民芸村

名称:企画展 密田家土蔵移築20周年「密田家の売薬業」売薬資料館-富山市民俗民芸村
会期:令和3年7月14日(水)~10月3日(日)
場所:別館旧密田家土蔵1階 展示室 (売薬資料館内)
開館時間:午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
住所:〒930-0881富山県富山市安養坊1118-1
TEL:076-433-8270
URL:売薬資料館-富山市民俗民芸村

企画展 密田家土蔵移築20周年「密田家の売薬業」売薬資料館-富山市民俗民芸村
企画展 密田家土蔵移築20周年「密田家の売薬業」売薬資料館-富山市民俗民芸村

 密田家は江戸時代より能登屋と称し、主に売薬業を営んできた商家です。全国各地に売薬の商売範囲を広げ、昭和初期まで商売を行っていました。明治期には銀行業などにも商売を広げ、富山の経済の基盤を担った家でもありました。
 この密田家にあった土蔵は、江戸時代中期の創建と伝えられます。その後何度も修復を重ね、第二次大戦の空襲を受けてもなお残ったものです。そして富山の売薬業を知るためにも大変重要な資料が、中に保存されていました。
 富山を代表する売薬商家の土蔵として、当売薬資料館に移築されたのは平成十三年です。現在も土蔵と共に寄附していただいた資料を保管し、一階は展示室として活用しています。
 土蔵が移築されて20年を迎えるにあたり、改めて密田家の売薬業の歴史をひもとき、それらを物語る資料を展示します。土蔵のたたずまいとともに、密田家の売薬業の歩みを感じ取っていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る