【2021夏期】コレクションルーム「京都の四季とともに名品と出会える」京都市京セラ美術館

中村研一《瀬戸内海》1935年 京都市美術館蔵

名称:【2021夏期】コレクションルーム「京都の四季とともに名品と出会える」京都市京セラ美術館
会期:2021年6月26日(土)~9月26日(日)
会場:本館 南回廊1階
観覧料:
  一般※1
  京都市内在住の方:520円 
  京都市外在住の方:730円
  団体(20名以上):620円
  小中高生等
  京都市内在住の方:無料 ※2 
  京都市外在住の方:300円
  団体(20名以上):200円
  小学生未満無料
住所:〒606-8344京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
TEL:075-771-4107
URL:京都市京セラ美術館

京都の四季に合わせた年4回の展示替えによって、季節感に溢れた作品を中心に京都の美術を紹介するコレクションルーム。
2021年度夏期の展示では、東山の緑が日に日に濃さを増し、抜けるような青さの空と白い雲、朱赤の大鳥居のコントラストが美しい夏にあわせては、暑い夏の夕に庭先に置かれた床几で語り合う姉妹を描いた北野恒富の《いとさんこいさん》や、昭和の官展を牽引した洋画家中村研一による《瀬戸内海》など、昭和初期の人々の暮らしが垣間見えるような瑞々しい作品を多数紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る