「黒田 敬子 ガラス工芸展」京都高島屋

「黒田 敬子 ガラス工芸展」京都高島屋

名称:「黒田 敬子 ガラス工芸展」京都高島屋
会期:2021年9月15日(水) → 21日(火)
会場:6階 美術工芸サロン
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:京都高島屋

このたび、日本橋高島屋S.C.では「備前 金重晃介展」を開催いたします。
金重晃介氏は、「備前焼中興の祖」と称される故 金重陶陽氏の三男として1943年備前市伊部に 生まれました。1982年に備前市香登に築窯、独立後は、伝統色の強い備前の地で、独自のフォルムを追求したオブジェ作品を精力的に発表し、現代陶芸の旗手として活躍を続けています。また一方で、備前焼の本流とも言える茶陶も手がけ、氏ならではの造形と美しい窯変が融合した作品は、凛とした風格を醸し出しています。
今展では金重氏のオリジナリティー溢れるオブジェや花器、鉢、酒器等の新作を一堂に展観いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る