「土地の名──土地と記憶をめぐる旅 長崎県美術館コレクションから」長崎県美術館

「土地の名──土地と記憶をめぐる旅 長崎県美術館コレクションから」長崎県美術館

名称:「土地の名──土地と記憶をめぐる旅 長崎県美術館コレクションから」長崎県美術館
会期:2021年10月16日(土) ~ 2022年01月10日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00(企画・常設展示室への最終入場は17:30まで)
住所:〒850-0862長崎県長崎市出島町2-1
TEL:095-833-2110
URL:長崎県美術館

山本森之助《フランスの田舎》1922-23年 長崎県美術館
山本森之助《フランスの田舎》1922-23年 長崎県美術館

本展では、歴史的・社会的・文化的な文脈の中で、その名が象徴的含意を持つようになった土地を題材とする作品を収蔵品から選び、「聖地巡礼」ほか複数のテーマに沿って展示します。パリ、ヴェトゥイユ、ポルボウ、そして長崎。作品とその周りに立ち上がる土地の記憶が、はるかな、しかし確実に「今・ここ」につながる思索の旅に私たちを連れ出してくれるはずです。

横手貞美《食料品屋店頭(14区)》1929年 長崎県美術館
横手貞美《食料品屋店頭(14区)》1929年 長崎県美術館
横手貞美《アトリエの中庭》1928年 長崎県美術館
横手貞美《アトリエの中庭》1928年 長崎県美術館
青木野枝《雲谷/長崎》2019年 作家蔵 撮影:山本糾/courtesy: ANOMALY
青木野枝《雲谷/長崎》2019年 作家蔵 撮影:山本糾/courtesy: ANOMALY
カーク・パーマー《戦争の終焉:記憶の島》2012年 HDビデオ・インスタレーション(40分) 作家蔵
カーク・パーマー《戦争の終焉:記憶の島》2012年 HDビデオ・インスタレーション(40分) 作家蔵
田川憲《長崎原爆遺構(浦上天主堂)》1949/51年 長崎県美術館
田川憲《長崎原爆遺構(浦上天主堂)》1949/51年 長崎県美術館
横手貞美《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》1930年頃 長崎県美術館
横手貞美《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》1930年頃 長崎県美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る