特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

名称:特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
会期:2021年 9月 18日(土)~ 12月 5日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場:豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
  特別観覧料(グッズ付き): 大人 500 円、小中学生 100 円、
  未就学児・障がい者手帳をご提示の方及び介助者( 1 名まで)無料
主催:豊島区
後援:公益財団法人としま未来文化財団
協力:トキワ荘協働プロジェクト協議会 /明治大学 米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館
企画制作:株式会社手塚プロダクション
住所:〒171-0052東京都豊島区南長崎3-9-22
TEL:03-6912-7706
URL:豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

 少年マンガは男性が、少女マンガは女性が描くもの、という印象を持っている人はけして少なくないと思います。しかし、トキワ荘のマンガ家は多くが男性。では、一体だれが少女マンガを描いていたのでしょうか?実は、トキワ荘に住んでいたほぼすべてのマンガ家が、少女マンガを描いていました。本展では、トキワ荘の各マンガ家による少女マンガの一部を、直筆・複製原稿や、掲載誌・単行本などでご紹介するとともに、新たに調査した作品リストを展示いたします。また、当時の少女向け雑誌ではどのような作家が活動されていたのか、その状況などもあわせてご紹介していきます。

特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」豊島区立トキワ荘マンガミュージアム
特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

■展示で取り上げるマンガ家
手塚治虫
寺田ヒロオ
藤子・F・不二雄
森安なおや
石ノ森章太郎
赤塚不二夫
水野英子
よこたとくお
山内ジョージ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る