「近衞家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝11 近衞家とまつり」京都府京都文化博物館

「近衞家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝11 近衞家とまつり」京都府京都文化博物館

名称:「近衞家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝11 近衞家とまつり」京都府京都文化博物館
会期:2021年9月25日(土) ー 2021年11月21日(日)
  <前期> 9月25日(土)ー10月24日(日)
  <後期>10月26日(火) ー11月21日(日)
休館日:月曜日
会場:京都文化博物館 2階展示室
開室時間:10:00~19:30(入場は閉室の30分前まで)
入場料:一般・大学生500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
 ※上記料金で3階フィルムシアターもご覧いただけます。 (催事により有料の場合あり)
  ※新型コロナウィルス感染症の今後の状況により、予定を変更する場合もございますのでご了承ください。
主催:京都府、京都文化博物館
協力:公益財団法人陽明文庫
住所:〒604-8183京都府京都市中京区三条高倉
TEL:075-222-0888
URL:京都府京都文化博物館

【国宝】御堂関白記 自筆本 寛仁二年上巻(部分)藤原道長筆 陽明文庫蔵
【国宝】御堂関白記 自筆本 寛仁二年上巻(部分)藤原道長筆 陽明文庫蔵
賀茂祭絵巻(部分)近衞家凞筆 渡辺始興画 陽明文庫蔵
賀茂祭絵巻(部分)近衞家凞筆 渡辺始興画 陽明文庫蔵
七夕花扇使図 原在明画 陽明文庫蔵
七夕花扇使図 原在明画 陽明文庫蔵
【重要文化財】春日鹿曼荼羅 陽明文庫蔵
【重要文化財】春日鹿曼荼羅 陽明文庫蔵
藤原鎌足像 陽明文庫蔵
藤原鎌足像 陽明文庫蔵

 京都市右京区に所在する公益財団法人陽明文庫には、平安時代以来の貴重な歴史資料が数多く収蔵されています。陽明文庫は、摂政・関白という朝廷の最高官職に就いた藤原氏五摂家の一つ、近衞家の御蔵を継承した機関で、平安時代から幕末にいたるまでの公家資料の一大宝庫です。
 陽明文庫には、わが国の歴史を考える上で欠くことのできない古記録が多数受け継がれていますが、そのなかで最も重要なものの一つが、平安時代に栄華を極めた藤原道長の日記「御堂関白記」です。「御堂関白記」には、当時の社会情勢のみならず、道長が参加した祭礼に関する記録も多く収められています。また、道長に続く歴代当主も、様々な行事の様子をその日記に書き留めています。今回の展示では、陽明文庫に伝わるこれらの古記録に導かれつつ、賀茂祭の盛儀を描く「賀茂祭絵巻」や、近衞家が崇敬した南都の社寺にまつわる作品などを通して、公家社会を取り巻く祭礼と行事の、その風雅な世界の一端に迫ります。
 本展が王朝文化の精髄に触れていただく機会となれば幸いです。

出品資料

No.指定等資料名筆者等員数会期制作期
1国宝御堂関白記 自筆本 寛弘七年上巻藤原道長筆1巻前期平安時代 寛弘7年(1010)
2国宝御堂関白記 古写本 寛弘七年巻1巻前期平安時代 11-12世紀
3国宝御堂関白記 自筆本 寛仁二年上巻藤原道長筆1巻後期平安時代 寛仁2年(1018)
4国宝御堂関白記 古写本 寛仁二年巻1巻後期平安時代 11-12世紀
5賀茂祭絵巻詞書:近衞家凞筆 絵:渡辺始興画1巻通期江戸時代 18世紀
6重要文化財春日鹿曼荼羅1幅前期鎌倉時代 13世紀
7春日鹿曼荼羅(模本)1幅後期昭和時代 20世紀
8藤原鎌足像1幅通期室町時代 15-16世紀
9重要美術品柿本人麻呂像後水尾天皇賛 聖護院道晃法親王画1幅通期江戸時代 17世紀
10柿本人麻呂像近衞信尹画賛1幅通期安土桃山-江戸時代 16-17世紀
11渡唐天神像近衞信尹画賛1幅通期安土桃山-江戸時代 16-17世紀
12七夕花扇使図原在明画1巻通期江戸時代 19世紀
13七夕花扇図原在明画1幅通期江戸時代 19世紀
14七夕花扇関連文書2通通期江戸時代 18世紀
15重要文化財岡屋関白記 建長二年夏記1巻前期鎌倉時代 14世紀
16重要文化財岡屋関白記 寛元四年春夏記1巻後期鎌倉時代 14世紀
17重要文化財深心院関白記 文永二年記近衞基平筆1巻前期鎌倉時代 文永2年(1265)
18重要文化財後深心院関白記 永和四年春夏記近衞道嗣筆1巻後期南北朝時代 永和4年(1378)
19重要文化財後法成寺関白記 永正三年記近衞尚通筆1冊前期室町時代 永正3年(1506)
20重要文化財後法成寺関白記 享禄四年記近衞尚通筆1冊後期室町時代 享禄4年(1531)
21重要文化財後愚昧記 貞治六年記三条公忠筆1巻前期南北朝時代 貞治6年(1367)
22重要文化財吉黄記 康元二年記吉田経俊筆1巻後期鎌倉時代 康元2年(1257)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る