「ー対ー 阪野智啓 日本画展」日本橋三越本店

平治の乱|50号 平家と源氏 白旗を掲げた源氏は武家の先駆けとして勇躍し、源義家の奮戦で「後三年の役」の頃に武威は絶大となりますが、朝廷からは私党として遠ざけられました。 一方、赤旗を基調とした平家は朝廷での権威も備え盤石の基盤を作り上げ、「平治の乱」で源氏を破って京都にはじめての武家政権を誕生させました。

名称:「ー対ー 阪野智啓 日本画展」日本橋三越本店
会期:2021年11月10日(水) ~ 2021年11月15日(月) 最終日午後5時終了
会場:本館6階 美術サロン
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

義経|6号 義経伝説  源義経ほど伝承で彩られた武将はほかにないのではないでしょうか。「 鵯ひよどり越え」では前代未聞の騎乗による崖下への突撃奇襲によって平家に大勝しましたが、その戦法は当時の武家倫理からはずれたものが多く批判も少なからずありました。義侠の徒である「弁慶」の存在は、「義経」の不調和を補完していたようにも感じます。

馬の嘶きや命を懸けた武将たちの鼓動が聴こえてくるかのような臨場感あふれる合戦図をはじめ、歴史上の偉人たちの生き様まで捉え作品に吹き込まんとする阪野智啓氏。
本展では、歴史上の登場人物を” 対(つい)” の関係で捉えて描いた作品約20 点を展覧いたします。
氏が紡ぎ出す歴史の世界をどうぞこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

Leon|10号    南蛮風流  伊達政宗は漢詩で「邪教の南蛮国を亡ぼす『萬里の風』を待つ」と高らかに宣言しますが、実はその南蛮国(イスパニア)と通じていたのであり、芝居じみた振舞いを一興としていたようです。ライバルの蒲生氏郷は敬虔な信仰を持ったキリシタン大名で「Leon」の洗礼名を持ち、厳格な姿勢で政宗と会津で対峙し続けました。
Leon|10号 南蛮風流 伊達政宗は漢詩で「邪教の南蛮国を亡ぼす『萬里の風』を待つ」と高らかに宣言しますが、実はその南蛮国(イスパニア)と通じていたのであり、芝居じみた振舞いを一興としていたようです。ライバルの蒲生氏郷は敬虔な信仰を持ったキリシタン大名で「Leon」の洗礼名を持ち、厳格な姿勢で政宗と会津で対峙し続けました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る