「清閑寺窯 五代襲名 杉田眞龍展 -彩りでつなぐ世界-」日本橋三越本店

作品名:鷹 茶盌 眞龍印 サイズ:径12.5×高さ9.2㎝

名称:「清閑寺窯 五代襲名 杉田眞龍展 -彩りでつなぐ世界-」日本橋三越本店
会期:2021年11月10日(水) ~ 2021年11月15日(月) 最終日は午後5時終了
会場:本館6階 美術
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

作品名:Cathedrale  Notre  Damede  Reims   眞龍印  サイズ:径11.5×高さ7.8cm
作品名:Cathedrale Notre Damede Reims 眞龍印 サイズ:径11.5×高さ7.8cm
作品名:アビ・ア・ラ・フランセーズ 眞龍印  サイズ:径12.5×高さ8.0cm
作品名:アビ・ア・ラ・フランセーズ 眞龍印 サイズ:径12.5×高さ8.0cm

-彩りでつなぐ世界-
京都東山の茶わん坂。
清閑寺窯の新たな当主・杉田眞龍氏は父、四代祥平氏より轆轤成形や色絵の技とともに茶の湯の精神をも受け継ぎました。
花鳥風月から美を見出し茶陶作品として世に送り出すという代々の仕事に加え、世界の情景や空気感を表現する独自の制作スタイルは、すでに五
代目としての作風を確立しています。
緻密な絵付けに、繊細な色彩、時に大胆に迫る構図と意匠。作品から滲み出る茶味と品格。いずれも眞龍作品の魅力です。
深秋の一日、杉田眞龍氏の新たなる旅立ちとなる清閑寺窯の世界をご堪能ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る