ミニ企画「羽生輝展」釧路市立美術館

ミニ企画「羽生輝展」釧路市立美術館

名称:ミニ企画「羽生輝展」釧路市立美術館
会期:2021年11月20日(土)ー12月12日(日)
開館時間:10:00-17:00
休館日:毎週月曜日
会場:釧路市立美術館ギャラリーB
観覧料:一般140円 大学生以下無料
  *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方及び付き添いの方は無料(ミライロID可)
主催:主催:釧路市立美術館、(一財)釧路市民文化振興財団
共催:北海道新聞釧路支社
協賛:アートギャラリー協力会
住所:〒085-0836北海道釧路市幣舞町4-28 釧路市生涯学習センター3F
TEL:0154-42-6116
URL:釧路市立美術館

釧路在住の日本画家・羽生輝(はにゅう ひかる 1941- )の生誕80年を記念して、北海道立釧路芸術館、釧路文学館と連携した「羽生輝展」を当館でも開催いたします。本展では当館コレクションから道東の海岸風景に題材を求め、半世紀以上にわたって描き続けた岬や浜辺、番屋といった日本画のほか、創作の原点とるスケッチ、湿原の風景や花など作家蔵の最新作を含め約15点を展示いたします。

北の浜辺(大黒島望)
北の浜辺(大黒島望)
北の浜辺(漁火)
北の浜辺(漁火)
北の浜辺(桂恋)
北の浜辺(桂恋)

羽生輝 HANYU Hikaru

1941(昭和16)年、東京都に生まれる。1964(昭和39)年、北海道学芸大学釧路分校(現・北海道教育大学釧路校)卒業。彫刻家・舟越保武、日本画家・上野泰郎、建築家・森田茂介に師事。1971(昭和46)第36回道展にて新人賞、1972(昭和47)年、第1回釧新郷土芸術賞、第47回道展にて北海道教育長賞、維進堂賞を受賞。1977(昭和52)年、第52回道展で新会員として推挙される。1993年(平成5)年、第20回創画展にて創画賞を受賞。1994(平成6)年東京セントラル美術館日本画大賞展にて優秀賞。第7回上野の森美術館「日本の自然を描く」展にてJR東日本賞、釧路市文化奨励賞。2001(平成13)年、釧路市文化賞、2002年、釧路市立美術館において「アートスピリット 羽生輝展」を開催。2007(平成18)、北海道文化奨励賞。この年と2008(平成19)年に創画賞を受賞し、北海道初の創画会員へ推挙される。釧路市在住。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る