「染めの型紙」東北歴史博物館

流水に蝶

名称:「染めの型紙」東北歴史博物館
開催期間:2021年7月6日(火)から12月5日(日)
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(発券は4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金:常設展観覧料金で御覧になれます。
  一般460円(20名以上の団体は360円)
  小・中・高校生は無料
主催:東北歴史博物館
住所:〒982-0012宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
TEL:022-246-9153
URL:東北歴史博物館

 かつては女性が家で機を織り衣服を自給していましたが,布に文様を染める場合には村の染物屋に頼みました。文様染めの方法には友禅染め,絞り染めなどがあり,なかでも広くおこなわれたものとして,図案を切り抜いた型紙の上に糊を載せて防染する型染めがありました。
 型紙を使うことで自由な形や細かな文様を繰り返し染めることができますが,これを彫るには高度な技術を必要とします。そのため,伊勢,京都,江戸といった特定の産地が形成され,そこで生産されたものが全国各地の染物屋に流通していました。
 本展示では,宮城の染物屋に残された型紙をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る