「坪内 好子 銅版画とガラス絵の世界」伊勢丹新宿店

「幸せを運ぶ人-チェスキークルムロフ-」 ガラス、着彩 15 × 13 cm

名称:「坪内 好子 銅版画とガラス絵の世界」伊勢丹新宿店
会期:2021年10月20日(水) ~ 2021年10月26日(火) 最終日午後6時終了
場所:本館6階 アートギャラリー
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL: 03-3352-1111
URL: 伊勢丹新宿店

時間の集積から生まれる存在感。
坪内好子は、この存在感をことさら愛する。
画面背景に金箔が押され、さらに版を刷り重ねていく。
するとそこにはまるで永い時間の集積があったかのような
マチエールが現れる。
ずっと 前からそこに在り、そしてこれからもずっとそこに
存在するかのような無限性をもった空間。
無限性という時間に包まれた
有限な「もの」や「かたち」が呼応し共鳴しあい
画面全体の存在感が生まれてくる。
本当の時間の集積がはじまる。
刻、一刻と時間と溶けあい馴染んでくると…
版画家・坪内好子の求める存在感が現実味を帯びてくる。
そして私達は、幻想的な時空をたゆたう旅にでる。

「そらのある日の夢-ブラチスラヴァ城の管理人-」 銅版画、金箔 ed.95部 13 × 10 cm
「そらのある日の夢-ブラチスラヴァ城の管理人-」 銅版画、金箔 ed.95部 13 × 10 cm
「月のおとしもの」  ガラス、着彩  30.5 × 9 cm
「月のおとしもの」 ガラス、着彩 30.5 × 9 cm
「王国への鍵 Bratislava」  銅版画、金箔、手彩色  ed.95部  60 × 45 cm
「王国への鍵 Bratislava」 銅版画、金箔、手彩色 ed.95部 60 × 45 cm
「幸せを運ぶ人-チェスキークルムロフ-」  ガラス、着彩  15 × 13 cm
「幸せを運ぶ人-チェスキークルムロフ-」 ガラス、着彩 15 × 13 cm

坪内 好子 Yoshiko Tsubouchi
1966年 東京生まれ
1989年 女子美術大学芸術学部絵画科版画専攻卒業
2005年 ブラチスラヴァ(スロヴァキア)美術アカデミー
    にてデュシャン・カーライに師事 (~2007年)
2010年 「国際航路協会アジア地区125周年記念事業」
    の国際会議パンフレット表紙を制作
   (主催:国際航路協会)
2015年 伊福部昭 生誕100年記念コンサート
     CDジャケットデザイン担当
2017年 公益財団法人 日本アロマ環境協会の
     機関誌にエッセイを執筆
2021年 にっぽん丸ギャラリー
    「にっぽん丸30周年記念展」出品
日本美術家連盟会員、CWJA現代版画展毎年出品、
国内外にて個展、グループ展多数
≪コレクション・パブリックアート≫
ロサンゼルス・カウンティ美術館、米国議会図書館、
在スロバキア日本大使公邸、
ブラチスラヴァ美術アカデミー、国土交通省、
女子美術大学、多摩美術大学、黒部市美術館 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る