コレクション展Ⅱ「絵画に描かれた十勝」神田日勝記念美術館

神田日勝 《広尾海岸》 1969年、帯広信用金庫蔵(神田日勝記念美術館寄託)

名称:コレクション展Ⅱ「絵画に描かれた十勝」神田日勝記念美術館
会期:2021年11月26日(金)〜2022年4月10日(日)
会場:神田日勝記念美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  ※11月14日のみ13:00~17:00
休館日:月曜日 2022年1月11日、2月24日、3月22日
  年末年始 2022年12月30日~1月5日
  ※ただし2022年1月10日、3月21日は祝日のため開館
観覧料:一般 530円(470円)
   高校生 320円(260円)
   小中学生 210円(150円)
   福原記念美術館との共通入館券:
   一般 700円
   高校生 300円
   小中学生 200円
   ※( )内は10名以上の団体割引料金
住所:〒081-0292北海道河東郡鹿追町東町3-2
TEL:0156-66-1555
URL:神田日勝記念美術館

神田日勝 《扇ヶ原展望》 1968年、帯広信用金庫蔵(神田日勝記念美術館寄託)
神田日勝 《扇ヶ原展望》 1968年、帯広信用金庫蔵(神田日勝記念美術館寄託)

短い生涯で、多くの風景画を描き残している神田日勝。本展では、牛馬や人物、アトリエなどを画題とした、よく知られた公募展出品作のほかに、十勝の風景を描いた作品群を紹介します。
それらは、積み藁やサイロ、防風林などの典型的なモチーフを選んで画面上で構成された作品が主ですが、現地に足を運んで描かれたスケッチを元に描かれた油彩画も残されています。
いずれも広々としているようで、どこか息苦しくも見える風景画。日勝の眼を通して浮かび上がる「十勝のすがた」をご覧ください。

神田日勝 《飯場の風景》 1963年、神田日勝記念美術館蔵
神田日勝 《飯場の風景》 1963年、神田日勝記念美術館蔵
神田日勝 《離農》 1969年、神田日勝記念美術館蔵
神田日勝 《離農》 1969年、神田日勝記念美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る