「小林清親と井上安治」茂木本家美術館

井上安治 「浅草橋夕景」

名称: 「小林清親と井上安治」茂木本家美術館
会期:2021年 10月27日(水)~ 12月 12日(日)
住所:〒278-0037千葉県野田市野田242
TEL:04-7120-1011
URL:茂木本家美術館

小林清親 「東京新大橋雨中図」
小林清親 「東京新大橋雨中図」

 小林清親は、1876(明治9)年、版元大黒屋松木平吉から明治初期の東京の風景を光線画と称して発表し、1881(明治14)年まで出版されました。清親は、光と影を巧みに捉えながら、西洋画の表現技法も取り入れ、江の伝統的な浮世絵にはなかった新しいスタイルの木版画を作り出しました。
 清親の最初の弟子であった井上安治は光線画の画風を受け継ぎ、つづく小倉柳村も光と影の効果を生かし、清親の光線画の影響を受けたとされます。
 本展では、小林清親をはじめ、井上安治・小倉柳村の木版画約50点を展示します。この機会にぜひ光線画の世界をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る