岩橋崇至写真展「わが心の山」ミュゼふくおかカメラ館

岩橋崇至写真展「わが心の山」ミュゼふくおかカメラ館

名称:岩橋崇至写真展「わが心の山」ミュゼふくおかカメラ館
会期:2021年10月23日(土)~12月05日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料:一般800円 高校・大学生400円 中学生以下無料
  ※土・日・祝日は高校生無料
  ※65歳以上は640円(免許証等をご提示ください)
  ※祖父母と孫が一緒なら入館料無料
  (祖父母は高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市、黒部市にお住まいの方)
  ※リピーターは100円割引(過去にカメラ館で鑑賞したチケットの半券を提示された、一般の方が対象)
  ※上記の割引は併用できません
  前売券 一般700円、ペア券1,200円
  ※前売券の販売は10月22日(金)まで
住所:〒939-0117富山県高岡市福岡町福岡新559
TEL:0766-64-0550
URL:ミュゼふくおかカメラ館

山岳写真家・岩橋崇至は本格的に写真を撮り始めて60年、『わが心の山』をメインテーマとして国内外を問わず、「世界の山々」を追い続けてきました。観る人を別世界へといざなう雄大で美しい山の表情が、大自然がもたらす厳しさと優しさを静かに語ります。ダイナミックかつ精彩に表現された大型作品からは、現代人が忘れかけている自然への感謝や畏敬の念が感じられます。今回は北アルプスをはじめ、北海道や東北の山々も紹介。世界的に高い評価を受け、圧倒的なスケールで表現された山岳写真の数々をお届けします。

岩橋崇至プロフィール
1944年、東京生まれ。写真家。慶応義塾大学・日本大学芸術学部写真学科卒。
日本だけでなく世界の山々や自然、遺跡を撮影し、海外での写真展開催や写真集の出版も多い。
1997年より「岩橋崇至写真自然塾」講師。富山県「立山カルデラ砂防博物館展示アドバイザー」委嘱。2000年~2001年にフランス、イタリア、スペイン、カナダ、日本で開かれた「新世紀を拓く/世界10人の山の写真家展」に日本からただ1人選ばれる。
現在は、山々の変化、失われつつある自然の姿を伝えるため撮影活動を続けている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る